’11 7月12日 (れんげ)

裏庭に1本だけあるヒマワリの花が咲いたの。
夏の代名詞のようなお花だもの、にゃんずにも見せてあげたいけど、1本しかないの。
摘んでしまったら、ここに住む虫さんが困るかも知れないし、お散歩で通る犬さんが楽しみに見ていたかもしれないしね。

だから、ちまが職場に咲くヒマワリを一輪分けてもらってきたの。もちろん、職場猫のクロちゃんとまだらちゃんに許可を取ってね。
’11 7月12日 (れんげ)

れんげがにゃんずのためにお送りする夏のイベント第??段!

今日はお魚さんに変身したの。
どう?少し涼しげじゃない!?

’11 7月14日 (ララ)

隣の町で、100年に一度しか咲かない花が咲いたと聞いて、探しに行きました。
白い風車の公園にあると聞いて、行ってみました。
でも、そこには見つかりませんでした。

夕方になりかけていましたが、まだまだ暑くて、たくさん歩いて肉球が暑くなってきたので、
浅瀬に降りて海水で冷やしました。


その後港まで探しに行きましたが、その花は港の辺りにも見つかりませんでした。

’11 7月16日 (くるみ)

夕方涼しくなった猫部屋で、ミケちゃんとふたり夕焼けを眺めたよ。
夏は入道雲が多くて、きれいな夕焼けが見えないことが多いけど、今日はきれいなお空が広がっていたよ。

ミケちゃん達のお部屋、夕方は涼しい風が吹き込むんだけど、夜になるとまた暑くなるんだ。
暑くならない内に、自分のお部屋に帰らないと。 またふたりで夕焼けを見ようね、ミケちゃん。
’11 7月15日 (れんげ)

福島に住むお友達のご家族が、お花を送ってくれたの。
東北の皆様はみんなとても優しいの。 色々なところから、時々こんな風に素敵な贈り物が届くの。

元気で少しでも笑顔でいてくれることが、何より嬉しいのに、
何だか申し訳けないの。
・・・けどね、とっても嬉しいの。

自分がとても辛い時でも、
相手のことをきちんを考えることのできるヒトは、
きっと本当に優しいヒトなんだね。

れんげ達も、そんな優しさを見習わなくっちゃ。

本当にありがとう。
でも、れんげ達は、みんなが元気でいてくれたら、
それが一番嬉しいからね。

’11 7月17日 (れんげ)

裏庭に白いコスモスが咲いたの。
涼しげな青いサルビアと一緒に、トラちゃんに届けたの。

いつもトラちゃん達に見せてあげた後のお花はね、こうやってねえね達の祭壇に飾るの。
ねえね達もみんなお花が好きで、お庭に出たり公園をお散歩していたりしたから、きっと喜んでくれると思うの♪


’11 7月18日 (れんげ)


ナデシコジャパンがワ−ルドカップで優勝したの!!
れんげも、ねえね達が昔着ていた応援服を引っ張り出して応援していたの!本当にすごかったの〜(^_^)v

トラちゃんが、ナデシコってどんな花?・・・って聞くから、お庭のナデシコを摘んできてあげたの。
夏の間も咲いてくれる可憐で元気な花なんだ。
ナデシコ達に、元気をもらえる夏がやって来たね♪
’11 7月20日 (れんげ)
***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***
***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***
***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***
***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***
***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***
***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***
***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***
***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***
夕焼けがあまりにもきれいで、
(短いけど)地平線が見える近くの公園に行ったの。
うちから徒歩数分だから、
夕日はまだ沈んでいなくて、少し安心♪

公園にはアベリアの花が咲いていたの。
台風の雨と風でたくさん散ってしまっていたけど、
アベリアは元々とっても強い花なんだって。
過酷な環境下でも、ぐんぐん伸びていくから、
交通量の多い道路脇にもよく見かけるんだって。
この公園にも、晩春から霜の降りる頃まで、ずっとこんな風に咲いているよ。
おうちに戻ると、お庭にチョビコがいたの。
チョビコに、きれいな夕焼けが出てるよ・・・って、
教えてあげると、
すぐに裏庭のクルミの木の辺りまで駆け出して、
沈んでいく夕焼けを見ていたの。
風に流れていく雲がとってもきれい!

久しぶりにとってもきれいな夕暮れに出会って、
れんげ、嬉しかったの。
明日もみんなにとって良い日となりますように・・・☆
’11 7月23日 (れんげ)

先日福島から送っていただいた鉢植え達を、お庭の日陰に移したの。
一年草は、今を限りに咲き誇っているみたい。
そのきれいな姿、忘れないでいるからね。




多年草はこれから毎年ずっと、ここで花開いてくれるといいな。
その度にみんなのことを思い出すの♪
なかなか見つからないから、役場に電話をして尋ねてみると、
風車の公園から少し行ったところにある、小さな名もない公園を教えてくれました。

早速そこに行ってみると、それらしきものがありました。
「リュウゼツラン」と書かれていました。葉先のギザギザが龍の舌に似ているから竜舌蘭というそうです。

何十年もかけて養分を蓄えている花のようで、メキシコではテキ−ラの原料になっているそうです。
背が高すぎてお写真を撮れませんでしたが、先の方に黄色い小さな花がたくさん咲いていました。

どんなにきれいな花なのだろうか?・・・
と、期待に胸をふくらませていたふたりですが、

リュウゼツランは、きれいというよりもむしろ、
力強く生命エネルギ−溢れる花でした。
何十年も栄養を蓄えて、ある日突然ぐんぐんと伸びて花を咲かせる・・・。
とっても我慢強い花でした。
何はともあれ、無事100年に1度しか咲かない花を見つけることができたふたり。

白い風車の公園をぐるぐる歩き回ったちまは、すっかり日焼けしてしまいました。
ララは、夕方になって海から吹き始めた潮風に、夏の深まりを感じていました。
チョビちゃんを誘って、ふたりで変身したの。
お魚さんになって、裏の川をスイスイ泳いでみるところを想像してみようよ♪
あぁ・・・チョビちゃん、
このお腹じゃあすぐに沈んじゃうね、、、。
すぐににゃんずのみんなが集まってきたの。
喜んでもらえて良かった♪ クロちゃん、まだらちゃん、ありがとう。


ヒマワリはね、放射能を取り除く作用があるんだって。福島で植えている方々がたくさんいるそうなの。
たくさんのヒマワリが咲いて、避難している皆様や離ればなれになっているご家族が、一日も早く故郷へ戻ることができますように。

ヒマワリを見る度に、そうお祈りしたいと思うの。
 ←new  old

写真日記
古い方から
69ペ−ジ目
***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***-----***
 ←new  old

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー