Seven Mysteries of Enshu
BACK 

片葉の葦
chimaのひとこと
駐車場の片隅にあるので発見しにくいかもしれません。
冬〜春にかけては枯れてしまっているので、みてもわかりませんでした。
“三度栗”と同じところにあるので、二つ一度にゲットしたようなラッキ−な気分でした。

Let’s go to  片葉の葦
小笠郡菊川町応声教院の駐車場内
PありWCあり
東名高速道路菊川ICより約3キロ

詳しい場所を知りたい方はメ−ルしてね。
探訪レポ−ト
かえで隊員(2002.3)
同じ遠州七不思議の“三度栗”のある応声教院の駐車場にあるんでちゅよ。
通りからすぐでちゅ。こんな大きな看板がありまちた。
外の駐車場の片隅に発見!
よく見えないので、上に乗っけてもらったけど、かえでの行った季節では葦の葉は枯れていてみんな茶色だったの。
残ね〜ん、、。
熊谷次郎真実ゆかりの石碑も横にたってたまちた。
勝手にいたち満足度 ★
“片葉の葦”に関する伝説は日本各地に点在しているが、ここでは遠州地方に伝わる伝説を紹介する。

昔、源平の合戦の時代、源氏の若武者熊谷次郎真実(古典で有名!)が、菊川町の応声教院に立ち寄り、お参りしている間に愛馬をお寺の前に繋いでおいた。するとその馬が待っている間にそこに生えていた葦の葉を片方だけ残らずきれいに食べてしまった。
それからあと、この地に育つ葦の葉はずべて片葉になったと言う。。
SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー